CHECK

介護施設では寝たきりの方もいますので便秘改善のため食事メニューを消化のいいものに

介護施設では寝たきりの方もいますので便秘改善のため食事メニューを消化のいいものに

高齢者になると介護施設を利用する人が増えていきますが、介護を受けるようになる場合は基本的には健康的な身体ではないことが想定されます。何かしらの問題を抱えていると考えられますし、介護施設で寝たきりのような状態になっていても不思議ではないです。そのため介護施設で提供される食事の内容は消化がいい物にしていくのが大切になりますから、その点を意識して給食を調理していくと高齢者だけでなく介護をするスタッフの負担も軽減されると考えられます。 給食のメニューの中にサツマイモや食物繊維が豊富に含まれている食べ物を入れていくことで、効率的に消化がいい食事を食べてもらうことができますから、比較的簡単に介護施設でも導入をすることが可能です。食材費として考えたときもコストが高くなるような食材を使用しなくても大丈夫ですし、サツマイモであれば潰しても美味しく食べることができますから、積極的にメニューに入れていくと安心できます。

"

介護施設の食事のバランスでは5大栄養素を軸にしています

介護施設では、入居者の健康を考えて食事のバランスも計算されています。栄養のなかでもポイントになるのは、炭水化物・タンパク質・脂質があり、それに加えてビタミンやミネラルも身体に必要な栄養です。 炭水化物はお米やパンなど身体活動のエネルギーに即変換されるもので、元気の源ともいわれています。タンパク質は筋肉や骨を構成する栄養なのでお肉や魚などが動物性タンパク質で、大豆などの豆類は植物性タンパク質です。脂質はお肉についている脂肪もありますし、ごま油やバター、マヨネーズもその部類に入るので注意が必要といえます。 ビタミンでは野菜から取れることが多いですが、体内での働きで重要なのが他の栄養素を結び付ける作用です。免疫力にも関わっているので、ベータカロチンなども不足すると粘膜が弱くなり、風邪をひきやすくなります。ミネラルは牛乳やチーズ、ワカメなどにも豊富にあり、介護施設ではこういった総合的な栄養を考えた食事を提供しています。

に関する情報サイト
介護施設の食事について解説します

介護施設で日々過ごしている入居者にとって食事は楽しみのひとつであり、健康を保つために重要な役割を担っています。加齢にともない病気や咀嚼力、嚥下機能が低下してしまい普通食を食べることが難しい入居者も少なくありません。質素なイメージを持ってしまいがちな施設の給食ですが、味や見た目はもちろん栄養バランスや体の状態に合わせて個別に対応した給食が提供されています。さまざまな病気を抱えている入居者にとって、食べやすいように工夫されています。

Search