CHECK

介護施設に入居してる高齢者が食べる食事は自律神経をコントロールできるようなメニュー

介護施設に入居してる高齢者が食べる食事は自律神経をコントロールできるようなメニュー

介護施設に入所する高齢者は、健康状態などに問題がある人もいます。そんな高齢者の方々にも安心して食事を楽しんでもらうことが出来るよう、さまざまな工夫をしているのが給食です。たとえば、自律神経をコントロールできるような献立を考えているということです。 介護施設で食事コントロールを出来る理由は、外注をしているからだと考えられます。旬の食べ物を取り入れたり、季節感のある彩りのある給食は、入居している高齢者のリラックス時間にもなります。栄養面もきっちりと考えられているため、そのまま食べるだけで健康状態にもメリットがあるということです。介護施設で健康に過ごせるのは、その施設で提供される食べ物のバランスなどが整っていること、そして食べることに飽きないように考えられているからです。 介護施設はいろいろな症状、状態の人が入所します。給食にも自律神経などの健康状態にも良いものはきちんと含まれたものが提供されるため、高齢者が健康にいることが出来るのです。

介護施設の食事でバランスの取れた栄養を摂取する工夫

介護施設で提供する食事の内容は、バランスのよい栄養素を摂取できることが大切なポイントとなります。高齢者の場合には、食べやすさや安全を重視することで、どうしても同じ食品が多く提供されてしまいがちで、栄養が偏ってしまうリスクがあるからです。特に、噛みにくい肉や堅い野菜などを避けることで、安全に生活をしていく上で骨を形成するために不可欠なカルシウムや、体を動かすエネルギーの源となるたんぱく質が不足してしまうことが多くみうけられます。そのため、介護施設で献立を考える際には、必要な栄養素を優先して食材を揃えた上で、喉に詰まらせたり、食事が苦痛にならないように、調理法を工夫するのが良策です。肉や魚などを飲み込みやすいサイズにカットしたり、薄くのばしたりするほか、野菜は皮を厚めにむいたり、レンジで加熱して柔らかくする方法などもあります。介護施設での生活の質を上げるためにも、バランスのとれた栄養素が摂取できるように心掛けましょう。

に関する情報サイト
介護施設の食事について解説します

介護施設で日々過ごしている入居者にとって食事は楽しみのひとつであり、健康を保つために重要な役割を担っています。加齢にともない病気や咀嚼力、嚥下機能が低下してしまい普通食を食べることが難しい入居者も少なくありません。質素なイメージを持ってしまいがちな施設の給食ですが、味や見た目はもちろん栄養バランスや体の状態に合わせて個別に対応した給食が提供されています。さまざまな病気を抱えている入居者にとって、食べやすいように工夫されています。

Search