CHECK

介護施設の食事は高齢者が食べられるように工夫されている!いろいろな基礎知識を解説します

介護施設で日々過ごしている入居者にとって食事は楽しみのひとつであり、健康を保つために重要な役割を担っています。
加齢にともない病気や咀嚼力、嚥下機能が低下してしまい普通食を食べることが難しい入居者も少なくありません。
質素なイメージを持ってしまいがちな施設の給食ですが、味や見た目はもちろん栄養バランスや体の状態に合わせて個別に対応した給食が提供されています。
さまざまな病気を抱えている入居者にとって、食べやすいように工夫されています。

介護施設の食事は高齢者が食べられるように工夫されている!いろいろな基礎知識を解説します

介護施設の入居者向けの給食では、自律神経をコントロールできるようなメニューが提供されています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、その2つが適切に機能することで精神面・身体面において体内バランスを整えてくれる役割があります。
さまざまな食材に含まれているため、施設では栄養バランスをみながら作られています。
また寝たきりで体を動かす機会が少ない入居者向けに、便秘改善のメニューを提供している介護施設もあります。
高齢者の体の状態は日々変化していますので、状況に合わせて食事内容を見直し健康的に過ごせるよう取り組みを行っています。

介護施設では体を温める食事を提供!

介護施設では様々な人がいることから、なかには病気を患っている人もいるので健康に気をつける食事を提供する必要があります。
なかには冷え性の人もいるので、体を温める食事を摂ることで改善する見込みも考えられます。
ではどういった食材を食べるのがいいのかというと、内臓を冷やさない機能があることが最適です。
例えば「生姜」などは、料理の種類を選ばずに使うことができますし、スープなどに入れることで旨味も上がるので人気があります。
「にんにく」などにも同じ作用があるので、そのままレンジで熱することでも手軽に食べることができますし、隠し味として使用することも珍しくはありません。
こういった料理を提供してもらうことで、介護施設でも健康に気を使うことができ、内臓が温まると免疫力が高まることで病気にもなりにくいです。
苦手なものも出てきますが、そのような場合はケアマネージャーなどに相談して料理の内容を変えてもらうこともできます。

介護施設に入居されてるのは高齢者が多いので介護施設の高齢者が食べやすい食事を工夫!

介護施設に入居している高齢者は、加齢によって食べ物を噛む力や飲み込む力が弱くなっています。
胃腸で十分に消化をする機能が弱くなっていたり、味覚が衰えてしまっていることも少なくありません。
そのため、介護施設では、入居者が安全においしく食事をすることができるようにさまざまな工夫を施す必要があります。
例えば、入居者の介護度や嚥下機能に合わせてミキサー食、きざみ食、とろみ食などの介護食を用意して、誤嚥やむせてしまうリスクを避けるようにする方法や、介助をする際に水分を多めに摂取することも良策です。
また、食欲をかきたてるような食材の色や形などはそのまま残しながらも、調理方法の工夫によって舌で簡単にすりつぶせるようにしたソフト食を提供する介護施設も増えてきています。
そのほかにも、季節ごとの行事に合わせたイベント食や、見ているだけでも楽しい気分になるようなパーティー食などを盛り込むことでも、高齢者が摂取する栄養が不足したり、栄養が偏ってしまうことを防ぐことができるでしょう。

介護施設に入居されている方は皮膚の感覚が鈍るので血行のいい食事がおすすめ

年齢を重ねると、自由に身体を動かせなくなります。
なかには日常生活にも支障をきたすケースもあり、その際は任意の介護施設に入居をすることをおすすめします。
今現在、入居をしているという方も大勢いらっしゃるでしょう。
またはご家族が近々お世話になるというときは、なるべく食事を大切にしなくてはいけません。
介護施設に入ると、必ずスタッフが身の回りの世話をするので、感覚が鈍くなる場合が多くなります。
そのまま放置をしていると動脈硬化になる可能性もあるため、血行のいい食事を積極的に口にしたいものです。
どのようなメニューがいいのかというと、赤身が多い牛肉・アジ・イワシといった青魚です。
これらは血流を促進する効果があり、毎日200g程度の摂取量が望ましいものとなります。
介護施設では管理栄養士が在籍をしているため、それらを考慮した給食を用意されます。
もしも不足をしていると感じたら、遠慮をせずにスタッフに申し出ることです。

介護施設では鉄分の吸収や毛細血管の機能を保持できる食事を心がけ

介護施設における食事は、鉄分の吸収や毛細血管の機能を保持できる食事であることが重要視されています。
鉄分が不足すると貧血によって動悸や息切れ、疲れやすいといった症状が出ますが、介護施設に入所している高齢者は活動量が少ないため、貧血の症状に自分で気づけないことがあるかもしれません。
しかし、貧血が続くと活動性が低下し、さらには転倒リスクも高くなることから注意が必要です。
また、鉄分を吸収する上ではビタミンB12・ビタミンC・葉酸といった栄養素のサポートも大切となるため、栄養バランスを良くすることでも鉄分の吸収率が高まります。
ほか、体内に血液を行きわたらせる働きを持つ毛細血管は加齢とともに減っていきますが、近年では毛細血管が減っていくことで老化や病気に影響を及ぼすことも分かってきています。
したがって、生活の質を保つ上では毛細血管の機能を保持することを心がけることも大切になります。
そのためには、抗酸化作用を持つポリフェノールやカロテノイドを含む食べ物や、血管拡張作用を持つビタミンEを含む食べ物を積極的に取り入れるのがおすすめです。

に関する情報サイト
介護施設の食事について解説します

介護施設で日々過ごしている入居者にとって食事は楽しみのひとつであり、健康を保つために重要な役割を担っています。加齢にともない病気や咀嚼力、嚥下機能が低下してしまい普通食を食べることが難しい入居者も少なくありません。質素なイメージを持ってしまいがちな施設の給食ですが、味や見た目はもちろん栄養バランスや体の状態に合わせて個別に対応した給食が提供されています。さまざまな病気を抱えている入居者にとって、食べやすいように工夫されています。

Search